2011年8月11日木曜日

ヒマラヤ 運命の山

伏見ミリオン座へ。

ミリオン座へ行くのは初めて。

御園座のすぐ裏にある。
人通りはあるけど、わりと落ち着いた界隈。
公園や大須観音も近い。

名古屋市街は夜に走ることが多いけど、このあたりは雑雑してなくてわりと好き。
ミリオン座はきれいだし、入ってすぐがカフェになっているから、上映までゆっくり本を読んで待っていることもできる。
ラインナップは、ポピュラーなミニシアター系?
銀座・有楽町あたりの作品が来てるイメージ。

ちなみにシネマテークは、ややマニアック。
アップリンクとか、ポレポレとか、都内西エリアでやってる作品ぽい。


ヒマラヤ 運命の山」を見た。

ドイツ映画。
ラインホルト・メスナーのナンガ・パルバット登頂を描いたもの。

山の映像には息を呑む。圧巻。

こういう過酷な山に登る、ってことの、精神的意味を考えてしまった。
ハイキングレベルでは到底考えられない、恐怖と向き合う何かがあるんだろうなぁ。
でも、やっぱり山の中って怖いから、ハイキングでもその感情とニアミスすることはあるのかもしれない。

ラインホルト、山野井夫妻のことを描いた「凍」にチラチラ出てきた。
偉大な登山家なのだねぇ。

で、「凍」を思い出して探したけど、ない!
どこいったのー。

0 件のコメント:

コメントを投稿