2011年8月25日木曜日

ひとのことはひとのこと。

リンクのブロガーさんが、人にはバイク乗るのを勧められない、という記事を書いていらっしゃいました。

私は、まぁ、興味のない人に勧めることはないけど、「乗りたい」って言ってる人に対しては、「楽しいよ~。頑張ってね~」 って感じで、あまり考えたこともありませんでした。

怖い思いしたことなんかも、聞かれなきゃ話さない。
だってオトナだし、なにがあっても自己責任。
乱暴なハナシ、それでその人が事故ろうが、私には関係ないのだ。
一緒にツーリングにでも行かない限り。

でも、ちょっとひとこと言いたくなってしまうような子と出会いまして、うーん、と、考えてしまいました。

詳しくは書けないけど、
ちょっと甘く見てるかな~、って感じがしたのです。バイクの運転に関して。
あと、自分なら大丈夫!できる!っていう過信。
背伸びしてるのかなーって感じとか。


・・・あー・・・って思ったけど、でも、やっぱり私は何も言わなかった。
楽しいよ。免許取れたら教えてね。って言った。

取れるかなぁ、彼女。
わかんない。途中でバイク嫌いにならないといいなぁ、って願うのみ。

でも、そういうのって、経験しないとわからないと、やっぱり思う。
どこかで痛い目みて、辞めるならその程度でよいし、
怪我して人生が変わっても、やっぱり、それはその人の人生。

私には関係ないのだ。

とっても冷たい言い方かもしれないけど、バイクってそういう乗り物だと思う。
やっぱり、常に自分との戦いなんですよネ。

0 件のコメント:

コメントを投稿