2011年10月7日金曜日

ノルウェイの森/冷たい熱帯魚/剱岳-点の記/東京島

やたらDVDを借りてきてはアワアワしています。
(ちゃんと見る暇があまりない)

でも、邦画で気になっていたのがどどどっとレンタルされていたので、借り込んできちゃったよ。


「ノルウェイの森」

やっぱキャスティングが微妙な気がするんだよ。

雰囲気は良かったし、なんかとっても分かりやすかった。
青春を生き残っちゃった人たちへ贈る物語、なんだな、と思った。

やっぱ、時代だよね。あの時代。
悲しみに足元をすくわれてしまわないで、悲しみは悲しみぬいて、つとめをはたし、そのうえで誰かを幸せにする。
それは許されるし、生き残ったことは罪ではない。

普通に暮らす。
「・・・それで?」と言いたくならないでもないが。


「冷たい熱帯魚」

あ然・・・
テーマは「暴力」か。
それにしても・・・事実に基づいている、っていうのが

あの新興宗教がらみのいろいろを思い出す。
暴力と宗教って似てる。
愛の穴埋めをしてくれるところが。

本当に悲しい。

だけど、「愛のむきだし」にしても、出てくる人たちはみんな「愛が欲しい!」って叫んでて、そう叫べることはある意味でとても正直でうらやましいと思う。
そうやって叫ばなくなると「鬼」になっちゃうんだと思う。



「剱岳-点の記」

風景がすごい。

これに関しては、人物の描写が、原作が非常に優れているので、映画のよさを感じなかった。
とにかくキャストのイメージが違う・・・特に柴崎!

柴崎(浅野忠信)が若い妻と過ごす日常のシーンなど、ぜったい違うだろーーーーーー!と思った。


「東京島」

面白くありませんでした。


以上!!

なんか邦画ブーム? あと3本くらい観てないで重なってるのも全部邦画だ。


ポチっ としていただけるとウレシイです↓↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへにほんブログ村 ライフスタイルブログ トカイナカ生活へにほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

0 件のコメント:

コメントを投稿